これだけ実行すれば、8割が成功するマイナス5キロダイエット特集

近年、さまざまな分野から生み出されている数々のダイエット方法。

その多くで謳い文句とされているのが、「楽して」や「好きなものを好きなだけ食べて」などといった誰もが惹かれてしまうワードたち。

私個人の意見ですが、ダイエットに楽なものはないと思っています。

ただ、普段の生活にちょっと気を遣うだけで意外なダイエット効果を見出すことができることもあります。

今回は、体重-5キロを目標とした私生活の心がけ3箇条と自分に合ったダイエット方法を見つけるコツをご紹介いたします。

スポンサーリンク


痩せるメカニズム

kenkou-taijyu

ダイエットを始める前に、“痩せる”ということの本当の意味を知りましょう。

 

  • 痩せるということは“体脂肪を減らす”ということ

076p

女性なら誰もが一度は持ったことのある「痩せたい」という願望。

そもそも、この「痩せる」とは一体どのようなことを指すのでしょうか?

 

人の体は、水分約60%、筋肉や骨などといった固形成分約30%、そして脂肪15~25%で構成されています。

これらのバランスを保つことで健康が保たれていますので、バランスが乱れてしまうと体にさまざまな影響を及ぼします。

 

例えば、運動不足や食べ過ぎによる脂肪の増加によって起こる肥満は、体脂肪率が正常値を超え生活習慣病の原因にもなりますし、他にも水分の摂り過ぎによるむくみ、逆に体の水分が不足してしまうことで起きる脱水症状などといったものがあげられます。

 

ダイエットのコツは、体脂肪率を下げ、標準を超えないように食事や運動でコントロールすることが大事です。

 

体脂肪が落ちれば自然と見た目にも変化が現われてきます。

すなわち痩せるということは“体脂肪を減らす”ということです。

 

多くの方が試したことがある半身浴や岩盤浴などのように、

水分の放出による「体重が落ちた=痩せた」は大きな間違いなのです。

 

  • 基礎代謝を上げて燃えやすい体をつくる

rp_077g-282x300.png

前述でご説明したように、“体脂肪を減らす”ことが「痩せる」ということを指します。

 

体脂肪を減らすために食事のコントロールをすることは基本ですが、

もう一つ効果的な方法が「基礎代謝を上げること」です。

 

人が生活していく中で、エネルギーを消費する役目を果たしているのが基礎代謝と呼ばれるものです。

基礎代謝は、私たちが寝ている間や普段通りに生活をしている間に体内のエネルギーを消費しています。

 

よって、基礎代謝が上がることでエネルギーの消費率も向上し、体脂肪を燃焼する力も同様にあがるのです。

 

また、基礎代謝を高めることでダイエットの落とし穴、「リバウンド」を防いでくれるのです。

そしてこの基礎代謝を上げるのに効果的なのが“筋力トレーニング”です。

筋肉の増加と共に基礎代謝も上がるので、筋力トレーニングはダイエットに必要不可欠なものだといえます。

スポンサーリンク


5キロ痩せたい人のための私生活の心がけ3箇条

-5kg-b&a

それでは、本題の-5キロダイエットを目標としている方のための私生活の心がけ3箇条をご紹介していきます。

普段の私生活でちょっと気をつけるだけでできる簡単なことなので、ぜひ試してみてください。

 

  • よく噛んで食べる

eat-chew

実は、ダイエットを失敗してしまう人に見られる共通点が「早食い」です。

人の脳は食事をしているとき、満腹感を得るのに15~20分の時間を要します。

よって、早食いは満腹感を感じるまでの間に、必要以上に食べ物を胃の中に納めてしまうということになるのです。

 

逆に噛む回数を増やし、ゆっくりと食事をすることで唾液の分泌量が増えます。

すると、唾液の消化酵素が食べ物を「糖」に分解します。

 

糖分が血液に吸収されることで血糖値が上昇し、より早く満腹中枢が刺激されますので、

満腹感を感じるスピードが早くなります。

 

このことにより、食べ過ぎを防ぎ自然にカロリーを押さえることができるんですね。

 

また、噛むことで顎の筋肉を使いますので、同時にフェイスラインのシェイプアップ効果も望めます。

 

  • 水分を積極的に摂る

386

ダイエットのポイントである「代謝」を良くするためには血液の循環を良くすることが大事です。

 

そのために必要なのが“水分”です。

水分の摂取量と質をコントロールすることで血流が良くなり、細胞へ行き届くスピードが上昇し、結果的に代謝が上がることに繋がります。

 

また、老廃物と脂肪細胞が結合することでできてしまったセルライト。

これも、水分を積極的に摂ることで血流だけでなくリンパの流れを良くし、老廃物の排出を促しますので、改善することができるのです。

 

ただ、水の飲み過ぎは電解質不足による熱中症や、水中毒などの病をもたらす場合もありますので、1日2ℓを目安に一度に摂りすぎないよう注意しましょう。

 

  • 十分な睡眠時間を確保する

076

寝ている間に体の中に分泌される成長ホルモンは、お肌の修復をしてくれるだけでなく、脂肪を燃焼してくれる効果もあるのです。

質の良い睡眠をとることで、筋肉の合成を促す成長ホルモンや体脂肪を分解するホルモンが活発に働きます。

 

逆に、体が睡眠不足を感じるとストレスホルモンともいわれる「コルチゾール」を分泌します。

 

コルチゾールには脂肪を溜め込む作用があり、ダイエットの大敵ともいわれています。

 

また、コルチゾールが過剰に増えてしまうことで糖尿病や、胃潰瘍などといった病にかかるリスクを高めてしまいますので、そういった意味でも十分な睡眠をとることはとても大事なのです。

 

ダイエット方法は生活習慣に合ったものを選ぶこと

291

テレビや女性誌などで紹介されているダイエット法をみると、驚異の効果に思わず次の日から試してみた方もたくさんいらっしゃるかと思いますが、その方法は今でも続けれていますか?

 

途中でやめてしまったという方は、

そのダイエット方法があなたに合っていなかったということになります。

 

ダイエットに成功している人は、自分の生活習慣にうまくダイエット法を組み込み、毎日の洗顔や食事、風呂などと同様に、ダイエット法を習慣化することでストレスを感じることなく自然に継続しています。

 

運動の分野でも食事の分野であっても、

ご自身の生活習慣にぴったり組み込むことができれば、ダイエットを成功させることができます。

 

今回は、“生活習慣”というのを主な題材としてお話しさせていただきましたが、「太る」も「痩せる」も、いずれも生活習慣から作られるものです。

まずは、今の生活習慣が“太る習慣”になっていないか見直すことから始めましょう。

 

そして、基本の生活習慣の中に無理なくできるダイエット法を組み込む工夫をしてみてください。

スポンサーリンク


※目標体重に合わせた、こちらの記事もどうぞ

 

当サイトでよく読まれている綺麗になれる記事です 

 

安く購入できるファスティング体験談!野菜ジュースよりスルスル酵素

【今すぐ始められるファスティング】野菜ジュースだけで痩せる方法

ダイエット最強のえごま油の効能は肌年齢がマイナス10歳になること

頭皮のベタベタ&ベトツキの原因を解明!今すぐシャンプー見直して

【痩せた女性が急増中】食べると痩せるオメガ3ダイエットの効果

【飲むだけダイエット編】紅茶キノコの作り方と効能を本格的に学ぼう

化粧崩れと化粧のりの疑問を解決。粉っぽくならないファンデって?

シミを消す方法を誤解していない?本当にシミが薄くなるスキンケア

【おでこのニキビ】治したい&跡を消したい人におすすめの原因と対策

【リファカラット】小顔は当たり前!二の腕、足のむくみまで効果抜群

【芸能人愛用のスキンケア】本当に効果のあるコスメは公表されない

初めてのエステのQ&A 恥をかかないための最低限のエステ前の準備

【買って良かったピーリング石鹸】皮膚科医のおすすめ&市販品

【石原さとみメイク】ざわちんも真似する万能メイク術はここがすごい

【ツヤ肌の作り方】プロに聞いてまとめた乾燥肌対策とファンデメイク

【ビューラーを極める】正しい使い方とコツを本当に知ってますか?

【有村架純さん風のメイク】ナチュラルなアイメイクと涙袋の作り方

初心者のためのブライダルエステ】お試しプランでサロンを徹底比較

【ペティキュア】初心者でも簡単なセルフでやる塗り方とデザイン

炭酸水の洗顔は危険かもしれない?その効果を生かすのはやり方次第

【鼻の黒ずみが簡単に取れる3つの方法】ホントに効果があるのはどれ

コメントを残す

このページの先頭へ