【BBクリームとCCクリームの違い】肌隠しと毛穴隠しの効果的な使い分け

数年前から流行っている「BBクリーム」。

しかし最近では「CCクリーム」という名の商品もちらほら聞くようになりましたよね。

 

でも一体この二つの違いってナニ?

 

同じようなものに思えるけど……。

 

そこで今回はこの二つの効果の違いと使い方をご紹介します!

スポンサーリンク


まずはBBクリームとCCクリームの共通点から

083

BBクリームもCCクリームも、一つで複数の効果を持っている

お手軽なファンデーションという意味では共通しています。

商品によっても多少異なりますが、

  • 乳液
  • 保湿クリーム
  • 日焼け止め効果
  • ファンデーション
  • コンシーラー

など、何役もこなすのが特長の化粧品です。

異なるのは、カバーするためのアプローチの方法なのです。

以下に詳しく見て行きましょう。

 

BBクリームとは?


BBクリームはのBBとは「Blemish(欠点・傷跡)Balm(保護)」の略なのです。

実はBBクリームはもともと化粧品ではなく、

手術の後のその傷跡の保護とカバーの役目を担ったクリームだったのです。

 

開発されたのはドイツですが、それが美容整形大国の韓国で大きな需要となり、

現在の化粧品の位置づけになりました。

傷跡を隠すというだけあり、カバー力が高いのもひとつの特長となっています。

簡単に言うと肌を隠してカバーするのがBBクリームです。

 

CCクリームとは?


BBクリームに対し、CCクリームのほうはこれといった略語はありません。

「COMPLETE CORRECTION」「COLOR CONTROL」

という言葉が略語だとされてはいるのですが……。

 

もともとBBクリームに対して生まれた化粧品なので、

略語は後付だったり、販売しているメーカーごとに異なっているんですね。

さて、そんなCCクリームの特長は「光で目眩ましして肌のあらをカバーする」という点です。

光の反射で毛穴などを目立たたなくさせるんですね。

 

BBクリームは「肌を隠してカバーする」ものでしたので、

カバーという目的は同じでもそのアプローチの仕方が違うということなのです。

スポンサーリンク


結局どっちがいいの? 使い分けは?

290

BBクリームは「肌を隠してカバーする」ですから、

お手軽だけど化粧感を出したいときに使うのがオススメです。

 

CCクリームは「光で目眩ましして肌のあらをカバーする」ので、

より素肌っぽい仕上がりになります。

 

人によって、お仕事のある平日はBBクリーム、

休日はCCクリームなどと使い分けるといいでしょう。

同じブランドからBBクリームとCCクリームが両方出ていることもあるので、

愛用のブランドをチェックしてみるといいですよ。

 

※スキンケアもできるコスメならこちらもおすすめ

BBクリーム・CCクリームを使うタイミング

rp_079-242x300.png

いずれの商品も乳液・保湿クリームの役目をもっているので、

洗顔後の化粧水でケアしたら、すぐに使って大丈夫です。

 

乳液や保湿クリームの後に使うと、

BBクリーム・CCクリームの役割の一つとかぶってしまい、

綺麗に仕上がらないことがありますので注意!

ただし、かなりの乾燥肌の方の場合などはこの限りじゃないと思われます。

ご自身の肌とよく相談して使い方を決めてくださいね。

 

BBクリーム・CCクリームの塗り方

base-make

BBクリームもCCクリームも、口コミを見ていると「ムラになる」というものがちょくちょくありました。

もしかしたらそういう方の使っているものは、ハズレの商品なのかもしれません。

でもちょっと待ってください! もしかして塗り方に問題があるのかも?

BBクリームもCCクリームも、

手のひらを使って塗るのがムラにならないコツなのです。

otoko-nuri

出典:https://locari.jp/

真珠粒ほどのクリームを片手に出したら、

両手のひらですり合わせるようにして顔に塗ってみてみてください。

これでだいぶムラになるのを防げると思います。

この方法は「男塗り」と呼ばれていて、

メイクアップアーティストのIKKOさんが提唱したことでも有名です。

一度お試しあれ!

おわりに

BBクリームとCCクリームの違いはおわかりいただけたでしょうか。

それぞれの特長をよく知って、好みやTPOごとに使い分けたいですね。

ただBBクリームの中でも「素肌っぽい」仕上がりになるのを謳っているものもあるし、

CCクリームの中でも「カバー力の高い」ものもあります。

 

だから、「これはBB(CC)クリームだからパス!」と頭ごなしにしてしまうのではなく、

ご自身の目でお気に入りを見つけるのが一番大切なことだと思います。

ハイブランドのものじゃなくても、

ドラッグストアなら目移りするくらいのBBクリーム・CCクリームがありますのでね。

たくさんの商品の中から、ぜひ自分に取ってベストなものを選んでくださいね♪

スポンサーリンク


 

当サイトでよく読まれている綺麗になれる記事です 

 

安く購入できるファスティング体験談!野菜ジュースよりスルスル酵素

【今すぐ始められるファスティング】野菜ジュースだけで痩せる方法

ダイエット最強のえごま油の効能は肌年齢がマイナス10歳になること

頭皮のベタベタ&ベトツキの原因を解明!今すぐシャンプー見直して

【痩せた女性が急増中】食べると痩せるオメガ3ダイエットの効果

【飲むだけダイエット編】紅茶キノコの作り方と効能を本格的に学ぼう

化粧崩れと化粧のりの疑問を解決。粉っぽくならないファンデって?

シミを消す方法を誤解していない?本当にシミが薄くなるスキンケア

【おでこのニキビ】治したい&跡を消したい人におすすめの原因と対策

【リファカラット】小顔は当たり前!二の腕、足のむくみまで効果抜群

【芸能人愛用のスキンケア】本当に効果のあるコスメは公表されない

初めてのエステのQ&A 恥をかかないための最低限のエステ前の準備

【買って良かったピーリング石鹸】皮膚科医のおすすめ&市販品

【石原さとみメイク】ざわちんも真似する万能メイク術はここがすごい

【ツヤ肌の作り方】プロに聞いてまとめた乾燥肌対策とファンデメイク

【ビューラーを極める】正しい使い方とコツを本当に知ってますか?

【有村架純さん風のメイク】ナチュラルなアイメイクと涙袋の作り方

初心者のためのブライダルエステ】お試しプランでサロンを徹底比較

【ペティキュア】初心者でも簡単なセルフでやる塗り方とデザイン

炭酸水の洗顔は危険かもしれない?その効果を生かすのはやり方次第

【鼻の黒ずみが簡単に取れる3つの方法】ホントに効果があるのはどれ

コメントを残す

このページの先頭へ