【初心者向けのアイメイクの基本】すぐに使えるアイメイクのコツ

アイメイクは顔をメイクしていく中でいわば「花形」的な存在。

使うアイテムもダントツで多く、最初のうちは苦手意識のある人もいるのではないでしょうか?

 

でもメイクしていくうちに目がどんどんパッチリしていく感覚に、メイクするのが好きになっていくパーツでもあります。

慣れると色々なカラーで遊べるという部分も魅力のひとつ。

 

今回は初めてメイクをする女子に捧げるアイメイク基本編をご説明します。

 

スポンサーリンク


アイシャドウは目元を明るくする作業から

eye-make-asian

 出典:beautyhows.com

  • 下準備が大事

SK-II  コンパクト フォア パウダー

価格:1,296円
(2016/2/29 00:04時点)
感想(30件)

目元は色々なカラーを重ねたり、滲みやすい液体のアイラインやマスカラを使う所。

なので、しっかりとパウダーファンデを塗ってさらさらにしておく事が必要です。

もしリキッドファンデやBBクリームなどを使いたい時は、上からプレストパウダーで押さえてサラサラの質感にしましょう。

下瞼や目じりなどにも忘れずサラサラにします。

 

  • シャドウはトーンアップ用から

eye-make-finger

出典:blog.magicalmakeovers.in

アイシャドウの基本は

薄い色→濃い色の順で

塗っていく事。

まず、目元全体に一番薄い色を塗ります。

これで目元のトーンをアップさせるのがアイメイク成功のキモです。

範囲が広いので、指を使って塗りスピードアップをはかるのがおすすめ。

次は中間色です。

これはメインカラーになるので、目の膨らんだ部分(アイホール)に塗ります。

目頭側より、目じり側の方が濃いと自然になります。

 

なので塗るときは目じり側から開始して、目頭側に動かすとそれだけでグラデになります。

使う道具はアイシャドウチップがおすすめ。

パレットなら付属のものでOKですよ。

 

最後に締め色ですね。

これは二重をちょっとはみ出す位に塗ります。

 

目の下の目じり部分にも少し入れるとデカ目効果があります。

 

一重や奥二重の女子は、目を開けた時に4~5ミリほど見えるように塗ります。

目尻にアクセントを利かせる感じで、目じりほど幅広に濃く見えるように重ねるのがコツ。

 

締め色は細いチップで入れるとやりやすいですよ。

あとでアイライナーも入るので、その黒にすべてつぶされることのないように塗ります。

 

  • 初心者向けのカラーは?

アクセーヌ フェイスカラー アイシャドウ ES03 ハニーブラウン

価格:3,283円
(2016/2/28 22:10時点)

まず圧倒的にやりやすいのは、なじみがよく失敗が見えずらいブラウン系。

キレイ色の中で使いやすいのはパープル系。

シュウウエムラ プレスド アイシャドー (レフィル) 1.4g【P140/P soft pink 140】 ソフトピンク アイシャドウ パール shu uemura【532P26Feb16】

価格:1,361円
(2016/2/28 23:55時点)
感想(4件)


ピンク系も締め色さえブラウンであれば使いやすい方に入ります。

逆に難しいのは寒色系のブルーやグリーン。

これは肌色とかけ離れた色なので発色しにくくくすみやすいのです。

これらで成功させるには、最初のトーンアップ用のアイシャドウをクリームタイプなどにするのがおすすめです。

 

アイラインとマスカラは差が付きやすい

 

  • まつげの間に黒を入れないと意味がない

eye-line-asia

出典:realasianbeauty.com

まつげがあって、その上から線のように引いてもデカ目効果は得られません。

まずはまつげの間の肌色をアイライナーでポンポン埋めていく作業から。

筆ペンタイプが便利です。

 

それが終わったらそのすぐ上に1~2ミリほどのラインを引きましょう。

最初のうちは隙間を埋めるだけでもOK。

 

  • 目頭など入れにくいところもサボらない

Inner corner of the eye2

目頭は涙がにじみやすく、常に湿っている部分。

目頭に何の準備もなしでラインをひくと、たちまち黒が上下に転写し、大変なことに。

目頭はあらかじめティッシュで皮脂や水分を吸い取ってからパウダーファンデでしっかりサラサラにしておきましょう。

 

  • マスカラは濃く付けばいいとも限らない

 masukara

最近はひじきのような塗りたくったまつげはあまり流行らないかも。

デカ目=ボリュームマスカラと考えずに、形のキープ力で選ぶのが吉です。

 

まつげが上に向かってカールしているほどに目は大きく見えます。

なのでビューラーはどんどん練習しましょう。

 

一気にぎゅっと挟むのではなくて、小刻みに挟んでいきます。

根元から毛先へ、段階的に挟んで上にあげていきながらカールさせます。

 

当サイト関連記事はこちら

【ビューラーを極める】正しい使い方とコツを本当に知ってますか?

 

そして作ったカールを固めるつもりでマスカラを塗ります。

この時に根元で左右にジグザグさせるとアイラインと同じようにくっきりぱっちりした瞳に見えます。

ジグザグ後はスッと上に引き上げましょう。

 

スポンサーリンク


手順をおさらいしていこう

eye-make-junban

  1. 目元にファンデを塗ってさらさらに。
  2. ベースシャドウを全体に塗る。
  3. メインシャドウを目の膨らんでいるゾーン(アイホール)に塗る。
  4. 締め色シャドウを二重幅ちょっとはみ出す位に塗る。下瞼目じりにも。
  5. アイラインを目のキワに。まつげを埋めるように。
  6. ビューラーでまつげを上げる。段階的にちょっとずつ上げていく。
  7. マスカラで形をキープ。
  8. 完成!

 

まとめ

 matome2

いかがでしたでしょうか?

手順が多いな~と感じている方もいるでしょう。

最初のうちは、ベースシャドウ・締め色シャドウ・マスカラの3つから始めるといいですよ。

これは究極のシンプルメイクですが、ベースシャドウにパールやラメが入っていると、ヌーディーで今っぽい感じになるんです。

そこから初めて、ちょっとずつ練習して工程を増やしていくと、完璧なアイメイクが出来るようになりますよ!

スポンサーリンク


 

当サイトでよく読まれている綺麗になれる記事です 

 

安く購入できるファスティング体験談!野菜ジュースよりスルスル酵素

【今すぐ始められるファスティング】野菜ジュースだけで痩せる方法

ダイエット最強のえごま油の効能は肌年齢がマイナス10歳になること

頭皮のベタベタ&ベトツキの原因を解明!今すぐシャンプー見直して

【痩せた女性が急増中】食べると痩せるオメガ3ダイエットの効果

【飲むだけダイエット編】紅茶キノコの作り方と効能を本格的に学ぼう

化粧崩れと化粧のりの疑問を解決。粉っぽくならないファンデって?

シミを消す方法を誤解していない?本当にシミが薄くなるスキンケア

【おでこのニキビ】治したい&跡を消したい人におすすめの原因と対策

【リファカラット】小顔は当たり前!二の腕、足のむくみまで効果抜群

【芸能人愛用のスキンケア】本当に効果のあるコスメは公表されない

初めてのエステのQ&A 恥をかかないための最低限のエステ前の準備

【買って良かったピーリング石鹸】皮膚科医のおすすめ&市販品

【石原さとみメイク】ざわちんも真似する万能メイク術はここがすごい

【ツヤ肌の作り方】プロに聞いてまとめた乾燥肌対策とファンデメイク

【ビューラーを極める】正しい使い方とコツを本当に知ってますか?

【有村架純さん風のメイク】ナチュラルなアイメイクと涙袋の作り方

初心者のためのブライダルエステ】お試しプランでサロンを徹底比較

【ペティキュア】初心者でも簡単なセルフでやる塗り方とデザイン

炭酸水の洗顔は危険かもしれない?その効果を生かすのはやり方次第

【鼻の黒ずみが簡単に取れる3つの方法】ホントに効果があるのはどれ

まだ二の腕のブツブツを隠しますか?即効性のある毛孔性苔癬の治療法

コメントを残す

このページの先頭へ