【あなたのテカリとニキビを改善】すぐにできるインナードライ肌診断

ちゃんとスキンケアをしているのにテカリやすい・・・

大人になってもよくニキビができる・・・

夕方になると化粧が崩れている・・・

という方は、もしかしたらインナードライ肌かもしれません。

 

インナードライ肌とは乾燥性油性肌とも言われる肌質の一種で、

肌の水分量が少なく、油分量は多い状態を指しています。

 

肌内側に抱え込んでいる水分量が少ないので、代わりに皮脂を分泌することでバランスを保とうと油分量が多くなるのが特徴。

 

それまでオイリー肌だった人が、

同じスキンケアを続けることでなりやすい肌質でもあり、

気付いたらいつの間にかインナードライ肌になっていたという人も多いです。

 

きちんとスキンケアをしていてもテカリやすかったり、ニキビができやすかったりと、症状だけを見るとオイリー肌と間違えそうになりますよね。

インナードライ肌は、オイリー肌やドライ肌といった他の肌質に比べ、

自覚することが難しい肌質でもあります。

 

今回は10個のチェックリストを使って、インナードライ肌またはその予備軍かどうかを調べてみましょう!

併せてその改善方法もご紹介します。

スポンサーリンク


インナードライ肌ってどんな肌?

mayou-woman

水分量が低いインナードライ肌は、言い方を変えると水分保持力が低いと言えます。

乾燥しているために皮脂分泌量が多くなるテカリ、皮脂が毛穴に詰まることでできる乾燥ニキビが大きな特徴。

 

また、肌内側の潤いが足りていないことで、ハリがなくなったり細かいシワが目立つようになります。

水分保持力は年齢とともに落ちていくので、インナードライ肌を自覚せずに合わないスキンケアを続けていくと、後々深刻な肌トラブルの元になりかねません。

 

インナードライ肌を改善するには、保湿を重視したスキンケアを行うことで肌の水分量を上げ、水分と油分のバランスを整えることが大切です。

そうすることで肌が潤い、肌トラブルとも無縁な肌に近づきます。

 

インナードライ肌のチェックとその改善法

nikibi-kinisuru

では、ここで自分がインナードライ肌かどうか確かめてみましょう!

以下の10個の項目に当てはまるか、チェックしてみてください。

 

  • 洗顔してすぐはカサつく
  • 洗顔後しばらく経つとベタつく
  • 毛穴が開きやすい
  • 細かいシワができやすい
  • 肌になめらかさがなく、ゴワゴワしている
  • 全体的に顔がくすんでいる
  • 毛穴の黒ずみが気になる
  • ニキビができやすい
  • 化粧ノリが悪く、崩れやすい
  • ベタつくケアが嫌い

 

いかがでしたか?

目安として、4個以上であればインナードライ肌2または3個であれば予備軍と言えます。

 

2個の場合でも、洗顔後すぐはカサつくがしばらくすると皮脂でベタつく、

という2項目にチェックが入った方は、インナードライ肌の可能性が高いです。

スポンサーリンク


インナードライ肌を改善するにはどうしたら良いの?

インナードライ肌の改善には保湿を重視したスキンケアを行うことが必要です。

ここからは、その具体的な方法を3つご紹介していきます。

 

1.洗いすぎない

sengan

まず最初に、洗いすぎないことを徹底するのが大切!

すっきり洗い上げるような、洗浄力の強いクレンジングや洗顔料は避けましょう。

インナードライ肌は水分保持力が低いので、必要な潤いまでも洗い流してしまい、より乾燥が進んでしまいます。

 

また、洗う時に気をつけたいのがお湯の温度と洗い方。

温度はぬるま湯(35〜36℃くらい)でちょっと冷たいかな?と思うくらいがベストです!

熱〜いお湯で洗うのは厳禁、必要な潤いまで洗い流してしまいます。

 

一緒に洗い方にも気をつけましょう。

基本的には手が直接顔に触れないよう、優しく洗い上げることが大切です。

クレンジングや洗顔料はケチらずたっぷりとり、包み込むように洗いましょう。

 

肌に擦りつけるようにゴシゴシしたり、肌をグイグイ押しつけたりしてはいけません。

 

顔の皮膚は体に比べて、とても薄くデリケートで、少しの摩擦にも刺激を受けてしまいます。

 

インナードライ肌はただでさえ潤いが足りておらず、細かいシワができやすい状態。

毎日洗う顔だからこそ、洗い方にも気を配ると症状の改善が早くなりますよ。

 

「洗いすぎないこと」は、インナードライ状態を改善していくための大切な第一歩です。

いくら保湿をしても、洗いすぎてしまうとせっかくのスキンケアが台無しに。

インナードライ肌を改善する基礎のステップだということを覚えておいてください。

 

2.しっかり水分を補給する

kaokin3

第一のステップ「洗いすぎない」を実行した次は、化粧水などでしっかり水分補給をしてあげましょう。

 

ポイントは、保湿力の高い保湿成分が入っているかどうかです。

オススメはセラミドヒアルロン酸

 

セラミドは水分や油分を挟み込んでキープするという特徴を持っており、潤いを閉じ込めて逃がさない頼れる保湿成分です。

湿度の低い冬でも水分をしっかり保持してくれます。

 

ヒアルロン酸は粘り気があり、水分を抱え込んでくれる働きを持ちます。

高い保水力があり、化粧水などに使われる場合はトロミのあるテクスチャーが多いのが特徴。

 

使用する化粧水のテクスチャーは、あまりこだわらなくても問題ありません。

シャバシャバ系でもトロミ系でも、お好みのものを選んでOK。

春〜夏はシャバシャバ系、秋〜冬はトロミ系と、季節で使い分けるのも良いですね。

 

つけるのはコットンでも手でもどちらでも良いですが、

最後にハンドプレスでしっかり水分を浸透させることをお忘れなく!

 

また、化粧水だけでなく保湿美容液やフェイスマスクを活用するのも手。

特定の悩みに特化した美容液を使うことで、インナードライの改善にも効果が期待できます。

 

選ぶポイントとしては、油分の多すぎないものを選ぶこと。

 

保湿がしたいからとドライ肌用の油分多めのものより、

保湿成分がしっかり入っていてかつ使用感が重くないものを選びましょう。

フェイスマスクは10〜15分と長い時間じっくり水分補給をすることで、潤いが肌の奥まで行き渡ります。

 

3.補給した水分を閉じ込めること

mizumizushiku

これが最後のステップ!

 

水分保持力が低いインナードライ肌は、水分を補給しただけではすぐに蒸発してしまいます。

与えた水分を肌の内側にしっかり留めておくことで、初めて症状の改善につながるのです。

ここで必要になるのが化粧水の後につける乳液。

 

ポイントは美容液選びと同じで、油分多めのものを選ばないことです。

しっかり水分を閉じ込めなきゃ!とこってりまったりしたテクスチャーのものを選んでしまうと、逆に油分が多すぎてニキビの元になったり、よりテカリやすくなってしまいます。

重みのあるテクスチャーではなく、水分を感じるリキッド状のものを選んでください。

頬や口周りなど、乾燥が気になる部分には重ねづけをしましょう。

 

つけるときは手でしっかり温めてから使うのがオススメ。

乳液を手にとり、手のひらで伸ばして温めてから顔に乗せると、より浸透しやすくなりますよ。

 

最後に1つ、毎日のスキンケアに取り入れていただきたいことがあります。

それは、化粧水と乳液をつけた後にハンドプレスを行うこと。

 

頬・目元・おでこ・顎・鼻周りを各部分5秒間、手で覆ってください。

じんわり温めることで肌により浸透するようになり、スキンケアの効果が高まります。

忙しい日もあるかもしれませんが、スキンケアは毎日の積み重ね。

インナードライ肌を改善するために、ぜひ取り入れてみてください。

インナードライ肌との付き合い方

make-imaichi

インナードライ肌を改善するには、洗いすぎない・しっかり水分を補給する・補給した水分を閉じ込める、という3つのステップが必要です。

つまり、「保湿」をすることが何より大切ということ。

インナードライ肌にとって、テカリもニキビも、原因は同じ水分量不足=乾燥。

テカってるから皮脂をしっかり洗い流さなきゃ!、ニキビができているから念入りに顔を洗わなきゃ!と、必要な潤いまでも落としてしまわないようにしなければいけません。

 

言い方を変えると、保湿さえ丁寧に行っていればインナードライ肌は改善します。

いつ見てもツヤのある綺麗な肌、毛穴もニキビも気にならないつるんとした肌になって、1日に何度も化粧崩れを気にするような毎日から解放され、日々のメイクを楽しみましょう!

スポンサーリンク


 

当サイトでよく読まれている綺麗になれる記事です 

 

安く購入できるファスティング体験談!野菜ジュースよりスルスル酵素

【今すぐ始められるファスティング】野菜ジュースだけで痩せる方法

ダイエット最強のえごま油の効能は肌年齢がマイナス10歳になること

頭皮のベタベタ&ベトツキの原因を解明!今すぐシャンプー見直して

【痩せた女性が急増中】食べると痩せるオメガ3ダイエットの効果

【飲むだけダイエット編】紅茶キノコの作り方と効能を本格的に学ぼう

化粧崩れと化粧のりの疑問を解決。粉っぽくならないファンデって?

シミを消す方法を誤解していない?本当にシミが薄くなるスキンケア

【おでこのニキビ】治したい&跡を消したい人におすすめの原因と対策

【リファカラット】小顔は当たり前!二の腕、足のむくみまで効果抜群

【芸能人愛用のスキンケア】本当に効果のあるコスメは公表されない

初めてのエステのQ&A 恥をかかないための最低限のエステ前の準備

【買って良かったピーリング石鹸】皮膚科医のおすすめ&市販品

【石原さとみメイク】ざわちんも真似する万能メイク術はここがすごい

【ツヤ肌の作り方】プロに聞いてまとめた乾燥肌対策とファンデメイク

【ビューラーを極める】正しい使い方とコツを本当に知ってますか?

【有村架純さん風のメイク】ナチュラルなアイメイクと涙袋の作り方

初心者のためのブライダルエステ】お試しプランでサロンを徹底比較

【ペティキュア】初心者でも簡単なセルフでやる塗り方とデザイン

炭酸水の洗顔は危険かもしれない?その効果を生かすのはやり方次第

【鼻の黒ずみが簡単に取れる3つの方法】ホントに効果があるのはどれ

まだ二の腕のブツブツを隠しますか?即効性のある毛孔性苔癬の治療法

コメントを残す

このページの先頭へ