前髪がベタベタして脂っぽい。何とかしたい人が知りたい原因と対策

「夕方になると前髪だけベタついてぺったり、束に分かれて気になる・・・」

これは今多くの女性が抱える悩みです。

ショートヘアや、ロングヘアなどといったさまざまなヘアスタイルに変えることでその人の印象をガラッと変える髪の毛は、女性の第二の顔でもあるといえます。

その中でも、前髪はパッと見たときの第一印象を決める大事なパーツです。

 

そんな前髪がベタついてぺたんこになってしまったらメイクや洋服がどんなに決まっていても印象が台無し、はたまた不潔に見られてしまう場合もあります。

今回は、このベタつき前髪を生んでしまう原因を解明し、意外なものを使った対策法とベタつき前髪を気にせずお洒落を楽しめる可愛いヘアスタイルをご紹介します。


ベタつき前髪を生む原因と改善方法

maegami-kininaru

  • 頭皮の汚れ・シャンプーの洗い残し

洗髪の際にしっかりと頭皮の汚れやワックス・ハードスプレーなどの整髪料が洗い流せていない場合、地層のように汚れが蓄積されていきベタつきやイヤな臭いの原因となります。

 

これはシャンプーをする際の揉み込みや洗い流しが足りないことが要因ですので、シャンプーの際のマッサージをしっかり行うことで改善できます。

揉み込みの際に、市販のシャンプーブラシなどのグッズを使ってもよいでしょう。

また、洗い流しの際は頭皮、髪の中間、毛先の順番で上から下に洗っていくことで頭皮の汚れやシャンプーなどの洗い残しを防ぐことができます。

 

※ヘアケア関連のおススメ記事はこちら

 

  • 脂っこいもの中心の食生活

揚げ物などを中心とした脂を多く使った食事は身体に脂肪がつくだけでなく、油分を必要以上に摂りすぎてしまい、髪のベタつきに繋がります。

脂分の多い食事を控え、髪の主成分でもあるアミノ酸が含まれた“タンパク質”を積極的に摂りましょう。

また、ビタミンA・C・Eを摂ることで抗酸化作用で、頭皮に溜まった皮脂の酸化を防ぐことができます。

  • ビタミンAは、緑黄色野菜・レバー・うなぎ
  • ビタミンCは、柑橘類、野菜
  • ビタミンEは、植物油・魚介類・ナッツ類・胡麻

といった食品から摂ることができます。

程よい脂分とタンパク質、ビタミンをバランスよく摂って健やかな髪を育てましょう。

  • ストレスや運動不足

ストレスや運動不足、睡眠不足なども血行が悪くなることにより、ベタつきを引き起こす原因になります。

ストレスを溜め込みがちな方は、ご自身の趣味やリラックスできる空間を見つけて、常にストレスが発散できるように心がけましょう。

 

また、軽い運動を生活に取り入れるだけで新陳代謝があがり血行促進になるだけでなく、同時にストレス発散・ダイエット効果が見込めます。

全く運動をしていない方も、ウォーキングや軽いジョギングから始めてみましょう。

 

※運動不足ですか?ストレス解消におススメ。お手軽ダイエット

 

  • シャンプーによる過剰洗浄

前髪のベタつきを生む嫌われ者の油分ですが、

実はホコリやウイルスなどといった外部の刺激から頭皮を守る重要な働きをしており、

髪にとってなくてはならない存在でもあるんです。

 

使っているシャンプーの洗浄力が強すぎると、頭皮に必要な皮脂まで流しすぎてしまう場合があります。

頭皮の皮脂量が基準より低くなると、頭皮を守るために自然と皮脂が分泌されます。

よって、必要以上の皮脂が分泌され髪のベタつきを引き起こします。

 

市販のシャンプーには、「ラウレス硫酸Na」や「ラウリル硫酸Na」などといった洗浄力の強いアルコール系界面活性剤が含まれていることが多いです。

硫酸は皮膚や髪への刺激がとても強く、頭皮や髪を痛めてしまうだけでなく、必要な皮脂まで過剰に除去してしまいます。

 

シャンプー選びの際には、成分表をよく見て購入しましょう。

 

アミノ酸系シャンプーは、髪を生成するアミノ酸を主成分として作られており、髪への刺激も少ないのでおすすめです。

意外なものを使ったベタつき対策

どうしても日中、前髪がベタついてしまうときの意外なお役立ちアイテムが、みなさんご存じの“ベビーパウダー”です。

シッカロールナチュラル 120g


一般的にはあせもやかぶれ、肌のベタつきを抑えるときに使用されていますが、

これが前髪のベタつきにも効くんです。

前髪に少量のベビーパウダーをはたき、ヘアブラシでなじませればベタつきも束分かれも一瞬で解消されます。

 

また、ベタつきやすい額、耳の裏や首の付け根などの汗腺にもついでにベビーパウダーをつけて一日中さらさらのお肌に

コスパもよく、さまざまなドラッグストアで手に入りますので是非お試しください。

スポンサーリンク


ベタつき前髪を気にせず楽しめるお洒落なヘアアレンジ

どんなに日頃ケアをしていても、日中汗をかいてしまったり、もともと脂性肌の方は額の油がついてベタついてしまうことがあります。

そんなときはベタつき前髪をうまく利用してお洒落なヘアアレンジをしてみるのもいいかも。

 

<飾りピンを使ったねじりアレンジ>

maegami-pin-yoko

  1. 前髪を手に取り、左右好きな方にねじり飾りピンを止めます。
  2. ねじった毛束をつまみ緩みを出します。

※前髪が短い方は、横の長い髪で前髪を覆うようにしてねじりましょう。

普段より油分があるのでキレイにねじることができます。

 

<前髪ポンパドールアレンジ>

pompadour-maegami

  1. 前髪を真上に掻きあげて、ねじって後頭部にピンで止めます。
  2. 緩みが足りない場合は、少しずつ毛束をつまんでたるませます。

 

<カチューシャアレンジ>

kachu-sha

前髪を掻きあげてカチューシャをはめます。

前髪の毛流れを整えます。

 

毎日見られる前髪だからこそ“キレイ”でありたいですよね。

そのためにまずは、あなたのベタつき前髪の原因を見つめなおして改善していくことから始めましょう。

時に、ベタつき前髪を利用してヘアアレンジをすることで簡単にイメチェンも図れます。

お悩みのベタつき前髪とうまく付き合って“キレイ”を作りましょう。

 

※髪の毛のべたつきの改善ならこちらの記事もどうぞ

スポンサーリンク


 

当サイトでよく読まれている綺麗になれる記事です 

 

安く購入できるファスティング体験談!野菜ジュースよりスルスル酵素

【今すぐ始められるファスティング】野菜ジュースだけで痩せる方法

ダイエット最強のえごま油の効能は肌年齢がマイナス10歳になること

頭皮のベタベタ&ベトツキの原因を解明!今すぐシャンプー見直して

【痩せた女性が急増中】食べると痩せるオメガ3ダイエットの効果

【飲むだけダイエット編】紅茶キノコの作り方と効能を本格的に学ぼう

化粧崩れと化粧のりの疑問を解決。粉っぽくならないファンデって?

シミを消す方法を誤解していない?本当にシミが薄くなるスキンケア

【おでこのニキビ】治したい&跡を消したい人におすすめの原因と対策

【リファカラット】小顔は当たり前!二の腕、足のむくみまで効果抜群

【芸能人愛用のスキンケア】本当に効果のあるコスメは公表されない

初めてのエステのQ&A 恥をかかないための最低限のエステ前の準備

【買って良かったピーリング石鹸】皮膚科医のおすすめ&市販品

【石原さとみメイク】ざわちんも真似する万能メイク術はここがすごい

【ツヤ肌の作り方】プロに聞いてまとめた乾燥肌対策とファンデメイク

【ビューラーを極める】正しい使い方とコツを本当に知ってますか?

【有村架純さん風のメイク】ナチュラルなアイメイクと涙袋の作り方

初心者のためのブライダルエステ】お試しプランでサロンを徹底比較

【ペティキュア】初心者でも簡単なセルフでやる塗り方とデザイン

炭酸水の洗顔は危険かもしれない?その効果を生かすのはやり方次第

【鼻の黒ずみが簡単に取れる3つの方法】ホントに効果があるのはどれ

まだ二の腕のブツブツを隠しますか?即効性のある毛孔性苔癬の治療法

One Response to “前髪がベタベタして脂っぽい。何とかしたい人が知りたい原因と対策”

コメントを残す

このページの先頭へ