【失敗しない牛乳石鹸選び】あなたが買うべきなのは赤箱?青箱?

もっともスタンダードで信頼できる石鹸は?

といわれたら、多くの方はあのリアルだけれど

妙にキッチュさが可愛い牛のパッケージの牛乳石鹸を連想するのではないでしょうか。

長く愛されてきただけあり、使い心地も良く、また肌の洗い上がりもいいですよね。

そこで上手な使い方を調べてみました。

スポンサーリンク


■ボディから洗顔にまで幅広く使えるリーズナブルな石鹸

カウブランド石鹸 赤箱100g*6個

カウブランド石鹸 青箱バスサイズ135g*6個


牛乳石鹸は多くの愛用者がいるスタンダードな石鹸です。

使うときの泡立ちも良く、しかもなめらかに洗い上げるから長くリピートしている方も多いですよね。

歴史の長い石鹸ですし、石鹸といえばこの牛のマークの石鹸!

と考えている方も多く、老若男女問わず人気があります。

そのため贈り物にも多く選ばれています。

rp_079-242x300.png

柔らかな泡立ちでそっと洗い上げる気持ちよさがあるからこそ、

ボディを洗うだけではなく、洗顔料としても優秀です。

 

石鹸ならではの肌がきゅっとなるような洗い上がりなので、

汚れや古い角質を洗い流すことも可能だから、

普通の洗顔フォームからこちらに切り替えて、肌トラブルがなくなった方もいます。

汚れを無理なく落とせる石鹸ならではの効果です。

 

※おすすめ洗顔記事ならこちらもどうぞ

 

■赤箱と青箱ではちょっと差がある

290

この信頼できる牛乳石鹸を買おうとする際に、

赤いパッケージのものと青いパッケージがあることに気が付くでしょう。

通称「赤箱」と「青箱」です。

 

どちらも牛乳石鹸であることには変わりありませんが、

少しばかり違いがあります。

 

それは香りだけではなく、配合成分や香りの違いがあり、

使い心地や洗い上がりが変わるのです。

 

カウブランド 赤箱1個 100g


まず赤箱は最もスタンダードな牛乳石鹸です。

こちらはミルク成分の濃度が高く、

スクワランを配合しているためにしっとりした洗い上がりになります。

 

香りもローズ風の優雅なもので、リッチな使い心地なので、

乾燥しやすい悩みを肌に抱えている方におすすめです。

油分が多いから泡立ちも柔らかでなめらかなので人気があります。

カウブランド 青箱1個 85g


青箱はジャスミンの香りになっていて、赤箱よりミルク成分を減らしています。

 

ふんわりした泡立ちに変わりはありませんが、もっとさっぱりと洗い流す効果に優れていて、

オイリーな肌の方にはこちらのほうをおすすめします。

 

また、汚れをすっきりと洗い流す効果は赤箱よりもはっきりと実感できるのではないでしょうか。

スポンサーリンク


■石鹸シャンプーに使う人も多いけれど…

161

「環境にも頭皮にも優しく、

髪も本来の美しさを取り戻す」といい愛用者もいれば、

「環境には優しいけれど、髪や頭皮の皮脂を取りすぎて傷んでしまう」

と否定的な意見に分かれているのが石鹸シャンプーです。

 

この石鹸シャンプーで牛乳石鹸を愛用している方もいます。

つまり顔もボディも髪も牛乳石鹸で洗っているというわけです。

この石鹸シャンプーの肯定派も否定派も意見に一理あります。

 

しっとりタイプの赤箱であっても、

市販のシャンプーよりも髪と頭皮の油分を洗い流すことは間違いありません。

 

また、石鹸シャンプーを行った場合、しっとりする牛乳石鹸であっても、

クエン酸でのリンスを怠ると、

ヘアオイルを髪に与えてもバサバサになってしまうのです。

無添加せっけん専用リンス本体 350ML

牛乳石鹸に問題があるのではなく、

石鹸シャンプーをする際には開いたキューティクルを閉じさせるため、

クエン酸でのリンスは欠かせません。

 

加えてパーマやカラーリングをしている方には石鹸シャンプーは不向きです。

ですから石鹸シャンプーで髪がバサバサになるリスクを考えると、

同じメーカーのベビーシャンプーなどのほうがいいでしょう。

■こんなアレルギーがある方は避けて!

allergic

出典:healthyliving88.com/

使い道が多く、しかも洗い上がりの良い牛乳石鹸は根強い人気があります。

でも乳製品アレルギーをお持ちの方は避けたほうが賢明です。

 

いくら洗い流すとはいえ、洗っているときにミルク成分が反応するリスクがあるからです。

リーズナブルでいい石鹸なのですが、

アレルギーが起こればいい石鹸だとは言えません。

 

ミルク成分配合が牛乳石鹸の最大の特徴ですし、

この成分を抜いてしまうとまったく異なる石鹸になってしまいます。

 

乳製品アレルギーがある場合、

酷いときには

アナフラキシーショックのリスクもあり、おすすめできないというわけです。

 

ですから自分のアレルギーに注意して選ぶことも

安全に使うために欠かすわけにはいかないのです。

スポンサーリンク


 

当サイトでよく読まれている綺麗になれる記事です 

 

安く購入できるファスティング体験談!野菜ジュースよりスルスル酵素

【今すぐ始められるファスティング】野菜ジュースだけで痩せる方法

ダイエット最強のえごま油の効能は肌年齢がマイナス10歳になること

頭皮のベタベタ&ベトツキの原因を解明!今すぐシャンプー見直して

【痩せた女性が急増中】食べると痩せるオメガ3ダイエットの効果

【飲むだけダイエット編】紅茶キノコの作り方と効能を本格的に学ぼう

化粧崩れと化粧のりの疑問を解決。粉っぽくならないファンデって?

シミを消す方法を誤解していない?本当にシミが薄くなるスキンケア

【おでこのニキビ】治したい&跡を消したい人におすすめの原因と対策

【リファカラット】小顔は当たり前!二の腕、足のむくみまで効果抜群

【芸能人愛用のスキンケア】本当に効果のあるコスメは公表されない

初めてのエステのQ&A 恥をかかないための最低限のエステ前の準備

【買って良かったピーリング石鹸】皮膚科医のおすすめ&市販品

【石原さとみメイク】ざわちんも真似する万能メイク術はここがすごい

【ツヤ肌の作り方】プロに聞いてまとめた乾燥肌対策とファンデメイク

【ビューラーを極める】正しい使い方とコツを本当に知ってますか?

【有村架純さん風のメイク】ナチュラルなアイメイクと涙袋の作り方

初心者のためのブライダルエステ】お試しプランでサロンを徹底比較

【ペティキュア】初心者でも簡単なセルフでやる塗り方とデザイン

炭酸水の洗顔は危険かもしれない?その効果を生かすのはやり方次第

【鼻の黒ずみが簡単に取れる3つの方法】ホントに効果があるのはどれ

One Response to “【失敗しない牛乳石鹸選び】あなたが買うべきなのは赤箱?青箱?”

コメントを残す

このページの先頭へ