シミを消す方法を誤解していない?本当にシミが薄くなるスキンケア

シワができるのも嫌ですが、シミはもっと困りますよね。

確かにコンシーラーでカバーすれば問題ないという豪快な方もいますが、

あまりできてほしくないというのが多くの女性の本音ではないでしょうか。

そこでシミを消すためのスキンケアのポイントとそこにプラスすべきことをご紹介します。

スポンサーリンク


■シミには2つの種類がある

多くのとつぜん現れたシミは

日焼けによるシミで、

メラノサイト(メラニン色素の工場)の働きが暴走している結果でできたものです

image001

出典:md-health.com

今は肌を焼いていなくても、

若い頃に肌を焼いていればシミになるリスクは高く、

また、多くの女性はまったく日中に外出することはないという生活ではないので、

この日焼けによるシミはできやすいのです。

 

またもう1つのシミのタイプは肝斑です。

freckles-and-age-spots

出典:thebeautyinsiders.com

これはホルモンバランスの関係でできるモヤモヤっとしたシミです。

肝斑ができるということは、女性ホルモンが活発に働いているという証拠ですが、

メイクだけではカバーしにくいという悩みがあります。

この日焼けが原因ではない肝斑も

紫外線にさらされると、濃くなる傾向があるので、要注意です。

■日焼けによるシミは美白化粧品で根気よくお手入れを

美白化粧品の効果は

継続して使用しておかないと

シミに効果が出ません。

つまりメラノサイトの暴走を止めつつ、

生成され続けるメラニン色素を減らすお手入れの継続

日焼けによるシミはようやく消えてくれるからです。

 

そのためシミを消すためには根気がなによりも重要だといえますし、

あきらめないこともポイントです。

 

安全性と効果に信頼が置ける美白成分は、

なんといってもビタミンCです。

ビタミンCは抗酸化物質でもあり、

酸化のよって褐色化しているメラニン色素を無色化させつつ、

さらにメラノサイトの暴走をストップさせます。

 

また肌のハリを回復させる効果も期待できるので、

美白成分で迷った場合は

ビタミンC誘導体を配合したものがいいでしょう。

 

※プロも愛用してる上に売上ランキングも1位

抜群のビタミンC浸透力なら、これが一押しです。


 

また、シミの多くは炎症でさらにメラニン色素を増やしていることもあるので、

抗炎症作用のある甘草エキストラネキサム酸も頼りになる美白成分です。

 

また、肌を活性化させる効果を持っている

プラセンタエキスも美白効果を期待できます。

プラセンタエキスが肌の生まれ変わりをサポートし、

新しい皮膚細胞に入れ替えるというわけです。

 

最近、注目を集めているのは

アスタキサンチンです。

 

アスタキサンチンは抗酸化物質で、

美白効果を発揮してくれるだけではなく、

肌のハリを回復させるエイジングケア効果にも優れています。

 

また肌への働きかけも刺激が少なく、

デリケートな肌タイプの方の

美白ケアアンチエイジングケア

におすすめの美容成分です。

 

アスタキサンチン入りのサプリメントが、

お手頃価格で手に入るサイトはこちら

↓  ↓  ↓


■シミ対策スキンケアでプラスしたい生活習慣

skin-care-bea

出典:fawesome.ifood.tv/

スキンケアでは美白化粧品を味方につけ、

根気よくお手入れを継続することがポイントです。

また生活習慣の改善もシミを消すスキンケアにプラスすべきことだと心得ましょう。

就寝時間を早めにし、肌の回復をサポートさせたり、

食事のメニューに必ず美白効果と美肌効果の高いビタミン類を加えておくことです。

サプリメントも定期的に摂取するとさらに良いです。

 

さらに生理周期を把握し、シミが濃くなりやすい期間は

肌を守るスキンケアと身体を休めることを考えるようにすることも重要です。

 

生理前から生理中は肌も身体も不安定なので、シミも濃くなりやすいからです。

一気に生活習慣の改善はできなくても、1つ1つ改善していけば充分にシミに効果を発揮します。

スポンサーリンク


■年間を通してUVケアを万全にするのもスキンケアの一部

030g

シミを消すために美白化粧品を使うこと、

さらに生活習慣を改善させることを挙げていきましたが、

もっと重要なのは紫外線対策です。

シミが今できていても、できていなくても、

紫外線対策は年間を通して行っておいて損はありません。

 

光老化を防ぐよりも、シミを確実に防ぐことは

紫外線対策がカギを握っているからです。

自分の肌と相性のいいUVカット剤は必ず用意し、

  • 外出時には塗ることを忘れないこと、
  • そしてこまめに塗り替えることで

紫外線対策が可能になります。

 

帽子や日傘を活用することも効果的ですが、

肌に使い心地の良いUVカット剤も併用すべきです。

3つのポイントを守っていれば、

シミは徐々に薄く変わっていきますよ。

 

※こんなスキンケアはご存知ですか?

スポンサーリンク


 

当サイトでよく読まれている綺麗になれる記事です 

 

安く購入できるファスティング体験談!野菜ジュースよりスルスル酵素

【今すぐ始められるファスティング】野菜ジュースだけで痩せる方法

ダイエット最強のえごま油の効能は肌年齢がマイナス10歳になること

頭皮のベタベタ&ベトツキの原因を解明!今すぐシャンプー見直して

【痩せた女性が急増中】食べると痩せるオメガ3ダイエットの効果

【飲むだけダイエット編】紅茶キノコの作り方と効能を本格的に学ぼう

化粧崩れと化粧のりの疑問を解決。粉っぽくならないファンデって?

シミを消す方法を誤解していない?本当にシミが薄くなるスキンケア

【おでこのニキビ】治したい&跡を消したい人におすすめの原因と対策

【リファカラット】小顔は当たり前!二の腕、足のむくみまで効果抜群

【芸能人愛用のスキンケア】本当に効果のあるコスメは公表されない

初めてのエステのQ&A 恥をかかないための最低限のエステ前の準備

【買って良かったピーリング石鹸】皮膚科医のおすすめ&市販品

【石原さとみメイク】ざわちんも真似する万能メイク術はここがすごい

【ツヤ肌の作り方】プロに聞いてまとめた乾燥肌対策とファンデメイク

【ビューラーを極める】正しい使い方とコツを本当に知ってますか?

【有村架純さん風のメイク】ナチュラルなアイメイクと涙袋の作り方

初心者のためのブライダルエステ】お試しプランでサロンを徹底比較

【ペティキュア】初心者でも簡単なセルフでやる塗り方とデザイン

炭酸水の洗顔は危険かもしれない?その効果を生かすのはやり方次第

【鼻の黒ずみが簡単に取れる3つの方法】ホントに効果があるのはどれ

コメントを残す

このページの先頭へ